高槻市で格安で会社を設立しよう!おすすめ代行事務所を紹介

高槻市で会社を設立しよう!でも、何から始めればいいのか分からない!」

とお悩みの高槻市在住の人はいませんか?

会社設立に関わる手続きや申請には、まず自分で会社設立の登記を行なうには「定款」や「認定」など専門的な書類の作成が多く、素人ではなかなか難しいものです。

高槻市では会社設立に必要な書類作成や申請を代理で行なってくれる司法書士に代行を依頼する方が、申請費用が格安になる場合もあるので色々なメリットがあるようです。

会社設立にもお金がかかるので、できれば手続きや申請は格安ですませたいと思う人が多いはずです。

しかし、高槻市で実際に会社設立するには費用はどのくらいかかるものなのでしょうか?

 

高槻市で会社設立が格安・最安でできるのはここだけ↓
0円で会社設立ができるのはコチラ
hibiki

高槻市で会社設立するにはどのくらい費用が必要?

高槻市で会社設立に関わる書類作成や申請手続きを専門の代行業者に依頼すると、いったい手数料はどのくらいになるのか気になりますよね。

大変でも自分で会社設立の手続きをしたほうが格安の費用ですませることができるイメージがありますが、実際に代行業者に依頼せずに書類を作成したり申請したりすると、会社設立の費用はどのくらいになるのかを調べてみました。

会社といっても株式と合同会社とあるので、両方の場合をご紹介しましょう。

 

設立するのが株式会社の場合

定款認証印紙代として40,000円、定款認証手数料として52,000円、登録免許税 として150,000円掛かり、株式会社設立の費用合計は242,000円となります。

定款認証印紙代の40,000円は、専門業者である司法書士から電子認証申請を行なうとこの印紙代の40,000円はかかりません。ほとんどの代行業者は、この電子認証が出来るソフトを持っているので、依頼した時点でこの印紙代はかからないことになります。

専門業者が使用する電信認証のソフトは個人で購入する事も可能ですが、印紙代と同じくらいの購入代金となるのため依頼した方が格安になるかもしれません。

会社設立にには料金以外にも、さまざまな書類を提出する必要があります。

会社設立登記手続きを代行業者に依頼する場合、電子認証印紙代がかからない代わりに、電子認証手数料、司法書士手数料、代行業者に払う代行手数料などが手続き費用として必要になってきます。

つまり、事業としては何も利益が出ていないいない状態であっても、お金をもうける前にすでに242,000円の経費がかかってしまうことになるのです。

 

設立する会社が合同会社の場合

「まだ会社として利益が出る前から約25万円近くものお金を掛けたくない!」という場合には、設立費用が一番格安の合同会社を設立する方法があります。

では、合同会社を設立する場合には設立費用は一体いくらかかるのでしょうか。

 

定款認証収入印紙代として40,000円、登録免許代として60,000円、この2つの費用の合計100,000円で会社設立が可能になります。

しかし、これはあくまで自分で会社設立登記の手続きを行なった場合に限ります。

会社設立、登記の申請は会社本店の所在地管轄の法務局へ申請に行かなくてはいけません。

そのため、会社設立する場所によって管轄する法務局がどこにあるのかを調べて、必要書類をすべて揃え、不備や間違いが無いか自分で確認して申請登録しなくてはいけません。

実は、この必要となる書類作成や確認がもっとも難しく、会社設立に関して専門知識を持つ司法書士に依頼するのがもっともスムーズな申請手続きをすることができる方法なのです。

 

高槻市で会社設立の格安代行業者は?

どんなに複雑な書類を作成しても、どんなに書類を揃えることに時間と手間をかけても、自分で株式会社の設立手続きをすると会社設立費用としてどうしても242,000円はかかってしまいます。

まずは、この最低限の費用をもとに、代行業者に頼むと代行手数料が掛掛かってしまうからと、代行事務所に依頼することをためらう人は少なくありません。

インターネットで高槻市の代行事務所を探すと、そのほとんどが、「自分で設立登記するよりも格安で承ります」とせんでんしていますが、本当に会社設立登記費用が格安になるのでしょうか?

その仕組みがどのようになっているのか、とっても気になりますね。

 

高槻市で会社設立登記が格安にできると評判の代行事務所の3つの特徴とは?

 

会社設立、登記に関する書類作成や申請手続きは司法書士の専門分野になりますが、司法書士事務所ではなく税理士の事務所が窓口となって依頼を受けていることが多いようです。

また、会社設立・登記だけの手続きではなく、会社設立後も依頼した税理士事務所を顧問税理士としてセット契約すると、代行手続き費用は格安になる傾向にあるようです。

最後は、専門業者だけが持っている電子ソフトで定款の作成し、電子定款を使用することによって、定款収入印紙代の40,000円を差引いていることです。

 

会社は設立するだけでなく、その後、順調に事業展開し利益を出さなくてはいけません。そのためには、顧問税理士の存在は会社運営する上でとても重要になってくるものです。

高槻市の多くの税理士事務所では会社設立代行料金を格安に設定し申請手続きを請け負っていますが、設立後の顧問契約を前提にして未来のクライアントを獲得しているとも言えるでしょう。

会社設立を格安で行う税理士事務所などの代行業者は、その後の税理士顧問と組み合わせることによって設立時の手続き費用をかなりの値引きを行ない、設立後は安定した顧問料の収入を見込んでいるのです。

一方で、法人の顧問税理士は会社の経営状況のチェックをはじめ税務申告、会社の税務に関して様々な事に随時対応してくれる存在です。設立間もない会社にとっても、経理や会計、税金の専門家がついてくれるのは心強いものです。

つまりは、会社と代行業者双方にとって、メリットがあるような仕組みになっているのです。

 

会社設立登記手続き代行業者の選び方とは?

なんども紹介していますが、インターネットで見かける格安の会社設立代行業者は、あえて値引きの項目に挙げなくても電子定款を使用するので設立費用は40,000円は確実に安くなります。

そのため、本当に格安な代行業者であれば、電子定款使用の40,000円を差引いた依頼費用が基本費用となり、さらに基本費用からさらに格安にしてくれます。

 

会社設立の初期投資は何かと高額になりがちですが、その中でも会社設立後の税理士顧問との組み合わせることによって登記手続き費用は格安に抑える事ができるので、このシステムを上手に利用するようにしましょう。

会社を起業し、事業運営が順調になるまでは、資金調達の基盤になるさまざまな補助金や助成金などの資金相談についても対応、サポートしてくれる代行事務所を見つけると良いですよ。

会社は無地に設立できたけれど、設立後の税務や保険の申請などには税理士の知識が、そして法務に関することについては弁護士の知識が必要になるなど、ケースによって専門家の支援は必ず必要になります。

最近では、税理士事務所の中に弁護士が在籍していたり、弁護士事務所と提携していたりもするので、必要な時に必要な知識を持った専門家によってサポートしてもらえることもあります。

設立後のサポートのことも考慮に入れつつ、会社設立後の顧問税理士の代金に見合ったサービスの内容かどうかを確認するようにしましょう。

なにより、これから設立する自分の会社のニーズに程よく合った代行事務所を選ぶ事が、もっとも大切なポイントになってきます。

高槻市で会社設立が格安・最安でできるのはここだけ↓
0円で会社設立ができるのはコチラ
hibiki