杉並区で会社設立の見積もりなら?

会社を設立する場合に、自分で行うよりも代行業者を頼むほうが、費用も時間も節約できると言われています。

会社を設立するのは一生に一度か二度。

もっとたくさん作っても良いですけどね。

インターネットを見ていると司法書士、税理士事務所、弁護士事務所と色々な所が代行業務を請け負っています。

杉並区で会社設立の見積もりを頼む場合、どうしたら良いのしょうか?

法人設立登記が0円でサポートまでしてくれるのはここだけ↓
0円で会社設立ができるのはコチラ
hibiki

まず見積もりの前に会社設立に必要な物は?

会社の見積もりは、会社の規模、本店所在地、資本金や何人くらいに発起人がいるのかに寄って金額が変わってくること画あります。

また代行する際に必要な書類、資料などはこちらで揃えなければいけません。

その前に会社を設立するのに最低限必要な物をチェックして見ましょう。

 

会社の印鑑(3種類)

会社の代表印

登記申請の時に法務局に登録する物です。

会社の実印のような物で、取引先と契約する、投機申請に使われます。

 

銀行印 

法人の銀行口座の開設、手形、小切手などに使う物。防犯の為にも代表印と別にします。

 

社印 

会社の名前の認印。見積もりや請求書などに使います。

 

ゴム印 これは必須ではありませんが、会社の名前、住所、代表者の名前があるものです。

 

印鑑証明

会社を設立の際に印鑑証明が必要です。

これは登記したり、届けたりする物ではありませんが、会社の発起人(創業メンバー)の署名、押印が必要になるからです。

この押印する印鑑がきちんと印鑑証明を取っているかどうかを証明する必要があるのです。

 

印鑑証明は済んでいる市町村役場で登録、証明書を発行してもらいます。

発起人が6名であれはそれぞれの証明が必要です。

その中の一人が取締役となる場合には、その人の印鑑証明しょうがもう1通必要となります。

 

定款

会社の憲法とも言うものです。会社の名前(商号)本店所在地、発起人の氏名や住所、事業内容、どのようなビジネスを将来にわたって行うかを記載します。

 

議事録、登記申請書

会社設立の登記、取締役や監査役、選任決定書、就任承諾書と言った登記に関連する必要書類です。

この定款と会社設立登記に関する書類は、専門的なことが多く、代行業者の殆どがこの定款の作成および、関連書類のチェック、サポートや作成を行ってくれます。

定款の作成とこの必要書類をそろえるには専門家の力が必要です。

出資金 

会社設立、事業を行うための資金を設立、企画、運営を行う人の個人口座に振り込まれた証拠が必要です。

杉並区で会社設立、見積もりで聞かれる事は?

多くの会社設立業者は、インターネットで見ている限り、会社設立パックなどすでに設定されている料金あります。

見積もりを出す際に聞かれることはどんな物でしょうか?

 

会社を設立する場所、施行予定地や業務を行う場所

会社の事業内容

会社の規模、年収をどのくらい見込んでいるのか?

直接会って話がしたいのか?それともメールで連絡を取り合うのか?

見積もりの依頼期限

見積もりの回答期限

発起人の人数

年収をどのくらい見込んでいるか?

会社設立以外の支援が必要か?(助成金や会社設立後の経理支援、社会、労働保険の支援など)

他の代行業者にも見積もりを依頼しているのか?

代行業者に直接見積もりを依頼する、またはインターネットでは必要な情報を入力すると、その地域の幾つかの代行業者へいっせいに見積もり依頼できるシステムもあります。

 

多くの代行業者は会社設立だけでなく、設立後の経理支援や書類作成、それに法務や税に関するサポートを行う顧問を継続して行います。

会社設立後も専門家の支援を得られるのです。

 

杉並区で会社設立の見積もり、すぐに出してもらえるところは?

会社設立は行う事業によって、また発起人の人数によってもそろえる書類が変わって来ます。

インターネットでは必要情報を入力し、受けたい会社設立後のフォローがあるのか、またそのフォローには費用が掛かるかなどを確認しながら見積もりを取っていきます。

 

会社の規模、その希望する支援などによって見積もりに掛かる時間が変わってきますが、中には即日で返事をくれる所も多くあるようです。

法人設立登記が0円でサポートまでしてくれるのはここだけ↓
0円で会社設立ができるのはコチラ
hibiki

  • 杉並区 会社設立 行政書士
  • 杉並区 会社設立 おすすめ
  • 杉並区 会社設立 弁護士