エッセイ「ウインドインハーヘアの血脈」
2017年の牡馬三冠を振り返り思ったことが一つあった。それは、ウインドインハーヘアの血を引く馬が勝利したこと。

単純に考えて、ディープインパクト産駒が勝った昨年も同じことが言えるが、皐月賞をディープインパクト産駒のアルアインが勝ち、日本ダービーをラドラーダの子レイデオロが勝ち、菊花賞を母父ディープインパクトのキセキが勝ったことがウインドインハーヘアの凄さと感じた。

会社設立の補足であるが、ラドラーダの祖母はウインドインハーヘアで母父ディープインパクト産駒の初G1がキセキということである。

日本競馬を席巻したサンデーサイレンスの次は日本競馬を席巻するのは牝馬のウインドインハーヘアかもしれないなと思った。レイデオロ、キセキ、アルアインの今後の活躍にその血が爆発するのは必然なのかもしれない。