下関市で会社設立は代行依頼がおすすめ!自分でするより格安費用になる

下関市会社設立したい!」と思ったら、まず不安になるのが、複雑な会社設立手続きのことでしょう。

最近では、インターネットでも下関市会社設立を代行する業者が広告やホームページを出していますが、大切な会社設立を自分でではなく人に任せて良いのかは悩むところでしょう。

それでは、下関市会社設立手続きを自分で行う場合のメリットとデメリットを比較してみましょう。

下関市の法人登記は自分でやるよりも頼む方が安い?↓
0円で会社設立ができるのはコチラ
hibiki

会社設立手続きを自分で行う場合のメリット、デメリットとは?

まず、会社設立にかかる最低限の費用をしっかり把握しておきましょう。

自分で会社設立手続きをする場合にかかる費用は、株式会社の場合242,000円となっています。内訳は、定款認証印紙代40,000円、定款認証手数料が52,000円、登録免許税150,000円と、ほとんどが印紙代や手数料となっています。

しかし、会社設立手続きのほとんどは必要な書類作成となり、会社設立手続きのなかでもっとも最初に必要なる定款を作成するとなると専門知識がある専門家でないとかなり大変な作業になるものです。

下関市で会社設立手続きを自分で行うメリットとは?

下関市で会社設立手続きや申請を自分で行うことによるメリットは、主に3つほどあります。

  • 代行業者に払う代行手数料がかからない
  • 自分のペースで会社設立手続きや申請を進めることができる
  • 自分で行うには会社設立に関する専門的な知識が必要になるため、独学でその知識を得る事ができる

確かに3番目のメリットについては、専門家ではない一般人が興味を持って専門的な知識を得ることは大変大きなメリットになると言えますが、会社設立登記手続き全体からみると効率的ではありません。

会社設立の際には定款を作成し、公証役場で認証してもらい、法務省で登録しますが、まず最初の定款の作成には専門的な知識が必要となってきます。

この最初のステップで時間をかけすぎてしまうと、会社設立登記が完了できる道のりは果てしなく長くなると覚悟する必要があります。

このようにメリットであるはずの専門知識の修得も、長い会社設立の流れの中では良い時間の使い方とはいえません。

下関市で自分で会社設立登記をするデメリットとは?

  • 定款や重量書類の作成に時間が掛かる
  • 代行業者に依頼するよりも費用が高くなる場合が多い。
  • 会社設立に関する知識を専門家に相談、アドバイスを受けることができない

自分で会社設立登記の手続きを行いたいと思う人は、代行費用を節約することがほとんどの狙いのようです。

それにやっと自分の会社を興すのですから、やっぱり自分ですべてを把握しておきたいという強い気持ちもあることも確かです。

しかし、現実的には専門家がいる会社設立代行業者のほうが、実質の手数料や印紙代が安くなることが多いようです。

たとえば、専用ソフトの電子定款を使用して定款の電子認証を行うと、認証印紙代の40,000円がかかりません。

つまり、依頼すると本来かかるはずの印紙代が節約できるのです。

会社設立代行業者は定款を作成し、電子認証を取得するだけでなく、その他にも会社設立法人の登記を代行してくれます。これだけを見ても、自分で行うよりもかなりスピーディに会社設立登記の手続きが進めることができることになります。

また同時に、ほとんどの代行業者には各分野の専門家が常駐していたり、提携をしていたりするため、手続きを進める中で疑問点や不明点についても色々な専門的な視点から説明、アドバイスをしてくれます。

自分で会社設立の手続きを行なうと、こうした専門家からのアドバイスやサポートを受けるチャンスがありません。

不備や不明点を全て自分だけで処理、訂正するのはかなり困難と言えるでしょう。

下関市で会社設立手続きは代行業者に依頼するのがお得?

下関市で会社設立手続き費用をかけたくないのだったら、まずは代行業者に依頼することを検討しましょう。その方が手続き、申請にかかる費用を安く抑えることができます。

会社設立手続きを代行業者に依頼するメリットとは?

  • 定款認証に伴う認証印紙代40,000円がかからない
  • 会社設立にまず必要となる定款作成
  • 会社設立に関わる全ての手続き代行
  • 会社設立費用を安く抑えれる
  • 時間や手間がかからない分、本業に徹していられる
  • 専門家による専門的観点からの説明やアドバイスが受けられる
  • 会社設立に関して専門的で理解できない事は丁寧に教えてくれる

定款作成や必要書類の作成には、自分で簡単に作成できるというフレーズで各種ソフトなどもありますが、定款や必要書類で使用する専門用語や言い回し、文章などは専門家でないと知らなかったり分からないこともも多いようです。

スムーズに会社設立を進めたい人は、やはり最初から代行業者に依頼する人が多いようです。

下関市でおすすめの会社設立代行業者を見極めるポイントとは?

会社設立や登記にばかり気を取られている企業家の人も多いかもしれませんが、実は会社設立、登記後にもさまざまな書類や届出などの手続きがたくさんあり、会社運営にまで色々とやらなくてはならないことがあるのです。

会社設立後に行う各種届出

  1. 社会保険各手続き、申請を年金事務所へ届出
  2. 地方税など各種申請書を管轄の地方自治体へ届出
  3. 税務に関しする申告、申請書を税務署へ届出

主にこれらの3つの届け出は会社設立後速やかにする必要がありますが、それぞれ管轄する公的機関、届け出内容によって必要な書類が異なってくるのです。

このように会社設立だけでなく、設立後にも色々な手続きや申告、提出などが控えているため、代行業者を見極めるポイントとして、設立後も必要となるサポートや支援、対応が可能かどうかという点に注目して見極めてみるのもよいでしょう。

会社設立後に必要となってくるサポートや支援対応とは?

  • 事業創業や展開に必要な資金調達の相談、アドバイス対応
  • 税務関連の書類作成や申請時のサポート対応
  • 法務関連書類の作成や申請時のサポート対応
  • 企業運営に関していつでも相談可能で専門的観点からのアドバイス対応

会社設立代行は司法書士だけが携われる仕事になりますが、会社設立後に直面する問題の分野は多岐に渡り、それぞれの専門分野の士業が担当することになります。

たとえば、法務関係では弁護士、税理関係では税理士が専門家となり、会社設立後も迅速な問題解決へ向けたサポートが受けられる代行事務所がおすすめとなる代行業者となるようです。

司法書士だけでなく、代行事務所に税理士、弁護士が在籍していたり、代行事務所と提携している税理士や弁護士がいることが、下関市でも評判の良い代行業者を見つけるのがコツとなるので、相談の段階で設立後のサポート体制について確認しておくようにしましょう。

 

下関市の法人登記は自分でやるよりも頼む方が安い?↓
0円で会社設立ができるのはコチラ
hibiki